1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていた陶磁器メーカーは?

主婦がネットでお金を稼ぐ!ネットで在宅お小遣い稼ぎを実践、稼ぐ方法を公開中です。

ポイントタウン友達紹介キャンペーン開催中
Tamaのおすすめサイト

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

現在地:HOME > クイズの答え > 1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていた陶磁器メーカーは?

1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていた陶磁器メーカーは?

玩具検定
1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていた陶磁器メーカーは?
エルネ面白検定クイズ6/10の問題と回答です。
以下から正解を選んでください。

香蘭社.
ニッコー.
ノリタケ.

ノリタケ

1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていた陶磁器メーカーは?
陶磁器メーカーのノリタケは、1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていました。

解答したら必ず「クリックしてポイントゲット」ボタンを押して正解ポイント数を確定するのを忘れずに。クイズはスマホからも参加が出来ます。
「1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていた陶磁器メーカーは?」のエルネ面白検定クイズに参加しよう!1、5、10、15、20、50、100ポイントのいずれかがランダムで獲得できます。獲得したポイントは翌日加算です。

関連記事

記事:1911年〜1940年頃に、日本国内向けの商品の裏印に「ヤジロベエ」をシンボルとして用いていた陶磁器メーカーは?
Category: クイズの答え | comments:0 | TOP↑

COMMENT













非公開コメント

≫ EDIT