1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?

主婦がネットでお金を稼ぐ!ネットで在宅お小遣い稼ぎを実践、稼ぐ方法を公開中です。

ポイントサイトキャンペーン情報・ニュース
現在地:HOME > クイズの答え > 1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?

1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?

1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?
Potoraのエブリデイクイズ10/8の問題と回答です。
問題:1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?正解を選んでください。

岡本太郎.
麻生太郎.
ウルトラマンタロウ.
山田太郎.

岡本太郎

1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?ですが、
太陽の塔の製作者は岡本太郎。太陽の塔は1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造され現在も万博記念公園に残されている。

スマホからも参加出来ます。「1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?」のPotoraアンニンのエブリデイクイズに参加しよう!正解後にバナークリックで5pt稼げます。(間違えてしまった場合は1pt)

NTTグループ運営のポイントサイト Potora
毎日のゲームや広告豊富なポイントサイトです。
以上、今日の問題は「1970年の大阪万博でテーマ館のシンボルとして建造、現在も万博記念公園に残されてる太陽の塔の製作者は誰?」でした。

関連記事
【PR】 《3大かに特集》食卓を賑わす食材といえば蟹!優良店=北海道海鮮工房=!
いつも応援ありがとうございます!この記事が少しでもお役に立てたらクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
ランキングを見たい方も↑コチラから

0 Comments

Leave a comment