ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に何個の溝が彫られている?

主婦がネットでお金を稼ぐ!ネットで在宅お小遣い稼ぎを実践、稼ぐ方法を公開中です。

ポイントサイトキャンペーン情報・ニュース
現在地:HOME > クイズの答え > ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に何個の溝が彫られている?

ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に何個の溝が彫られている?

エルネ面白検定クイズ4/28の問題と回答です。


ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に何個の溝が彫られている?


問題:ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に何個の溝が彫られている?
選択肢から正解を選んでください。

51個.
84個.
132個.

132個

ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に何個の溝が彫られているでしょうか?
ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に132個の溝が彫られています。

解答したら後に「ポイントゲット」のボタンを押すとポイントが貰えます。スマホからも参加が出来ます。
エルネ面白検定クイズに参加しよう!正解で1、5、10、15、20、50、100ポイントのどれかが必ずもらえます。
以上、今日の問題は「ギザ十(昭和26年から昭和33年にかけて製造された十円硬貨)は、硬貨の縁に何個の溝が彫られている?でした。

関連記事
【PR】 《3大かに特集》食卓を賑わす食材といえば蟹!優良店=北海道海鮮工房=!
いつも応援ありがとうございます!この記事が少しでもお役に立てたらクリックいただけると嬉しいです
にほんブログ村 小遣いブログ ポイントサイトへ
ランキングを見たい方も↑コチラから

0 Comments

Leave a comment